悩む事なく即決で決まった婚約指輪と結婚指輪

私達は結婚指輪も婚約指輪も一回の来店で速攻決まりました。付き合って3か月目に結婚の話がまとまり指輪を見に行きました。

宝石屋さんは、このサイト(※結婚指輪岡山)で見つけたお店です。担当してくれた方も気さくに相談にのってくれました。

私は最初婚約指輪はもらう気はありませんでしたが実母の「もらっておきなさい」の鶴の一声で実現しました。主人はけじめのつもりで婚約指輪を購入したいと言う気持ちだった様です。

色々な形がある中で婚約指輪はシンプルな縦爪、結婚指輪は波の模様をイメージしたシンプルなうねりが入った物でした。婚約指輪の縦爪の形の理由は実母が「いざとなったら一番売れる形なのよ」と話していたのと単純にシンプルでドンと真ん中にダイヤが置かれている形がいいなと感じたからです。

婚約指輪はそれでも少し悩みましたが、結婚指輪に関しては3分ほどで決まりました。結婚指輪の形の意味が「二人で大海原を漕ぎ出すイメージ」だったからです。2人の新しい結婚生活に対して素敵なイメージだと思いました。

また主人が海に関係する仕事をしているのでこれしかないという気持ちでした。店員さんもこんなに早く決めるカップルは珍しいと笑っていました。

ただ私はこんな高級な貴金属を買う事がなかったので主人に申し訳なくて婚約指輪のダイヤの大きさは一番小さい物を指定していましたが、いざ本決定する際にダイヤは数倍大きい物になりました。

理由は主人が誠意を見せたいという部分と、婚約指輪は結婚した後は冠婚葬祭などのかしこまった場でつける事が増える事、ダイヤの大きさは言い方を変えれば「旦那がどれだけ頑張ったか」の証になると教えられたからです。

だから最後はすべて主人に決めてもらいました。合計金額も恐ろしくて私は見ていません。購入した時点で結婚式の日取りが本決まりではなかった為、結婚指輪の裏にはイニシャルのみをいれました。

それだけトントン拍子で結婚の話しがすすんだ事に今でも驚いております。そして結婚1周年記念に同じ宝石屋さんに出向き改めて結婚指輪に結婚記念日を追加で彫っていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です